無水エタノールでキーボードの掃除

一家に一本、無水エタノール。そう、C2H5OHです。

以前、プラスチックのゴム風コーティングが経年劣化でベタベタしたものを復活させるのに良いと聞き購入しました。
その時はマウスのホイールやキーボードのアームレスト部分などベタベタしちゃってたものをかたっぱしから拭いて復活させました。(あんま拭きすぎると地が出ます)

で、そんな強力洗浄効果でおなじみの無水エタノールで、今日はキーボードの汚れを拭いてみました。

掃除したのはこれ、Apple Keyboard(テンキー付き)
約7年前に購入したものですが、iMacからMacBookProに移行してからはほとんど使っていませんでした。
それを今更なぜ?なんですが、先日これのワイヤレス版がAppleから新発売されましたので、キー配列が変更になったのか確認しようと引っ張り出したら、汚れが目に付いちゃったんです。

で、汚れの状態ですが・・・(微グロ注意)

きったねぇぇ〜

手垢ひどいな。

掃除開始。
1.無水エタノールをキムワイプ(布等でOK)に少量付ける。
2.拭き取る。
これだけ。(書くほどでもないな)
いや、気味悪いほどヨゴレが良く落ちる。チカラ入れずにサッと拭くだけでOKです。

で、掃除後。

綺麗になった。

あれ?よく見るとキーの側面に拭き残しがあった。
でも、そのまま棚の奥にしまい込む。

無水エタノールは換気扇やレンジフード、電子レンジ、冷蔵庫などの掃除や、容器についた食品の臭い取りなどにも使えます。水拭きできないものにも使えるので汎用性は高いですが、塗装されたものは塗料が剥げる恐れがありますし、木部に使うとシミが発生するかもしれませんのでご注意下さい。

さぁ、一家に一本、無水エタノール!!

えっ? ワイヤレス版のキーボードを買うのかって?
買わないよ、使わないもの。