Mac App Store が開店したので試してみた

今更ですが、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

1月6日の深夜に、Mac App Store が開店したので試してみました。

一応ご説明しますと、
iPhoneやiPad等がアプリをインストールするときに使うのが、iTunes Store内の「App Store」
そのMac(Mac OS X)版が「Mac App Store」です。
Mac用アプリを1クリックで購入+インストールでき、
そのアプリのアップデートを手軽に一元管理できます。

では早速試してみます。
まずはMac App Storeのインストールですが、これはMac OS X 10.6.6アップデートに含まれてます。
未確認ですが、単体でのインストールはできないんじゃないでしょうか。
つまり、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)でないと使用できません。

メニューバーのリンゴマークからソフトウェア・アップデートを選択します。

Mac OS X アップデートに Mac App Store が含まれていることが記述されています。
アップデートをインストールすると、Macが再起動されます。

再起動されると、Dockに Mac App Store のアイコンが追加されています。

早速起動。

iTunesのApp Storeに似ています。
iLifeやiWorkのアプリがバラ売りされているのはいいんじゃないでしょうか。
私はiPhotoしか使ってませんが。

さて、ここでは Mac App Store のレビューはしません。

そういうのは他の有名サイトや有名ブロガー様の方が、
正確に丁寧に詳細にしてらっしゃるでしょうから。

とはいえ、少しだけ気になる点を。

アプリは必ずDockに登録されてしまいます。

本体はアプリケーションフォルダにインストールされているので
Dockから削除すればいいだけですが、いちいちめんどくさいです。
Dockから削除したアプリがアップデートした際にどうなるか不明です。
またDockに登録されるんじゃないか心配です。

文字(フォント)が読みにくい。

特にアプリ一覧時の「¥600 購入する」ボタンは、グレー地に白文字なので読みにくい。
なぜ iTune Store のように黒文字にしなかったのか?
また、気のせいか文字がぼけているように見える。

フォントについては、下記の記事を見つけた。

Mac App Storeでフォントが汚い問題を解決する

この記事によると、Microsoft Officeがインストールされていると、
同時にインストールされる「MS P ゴシック」が、Mac App Store にも適用されてしまうらしい。
うちも入ってます。Microsoft Office(2008だけど)

で、この記事の通りに対策してみました。


上が変更前(MS P ゴシック)、下が変更後(ヒラギノ)。

文字間隔が若干広がって、少しは読みやすくなったけど、
ボタンの部分はやっぱり配色の問題だな。
グレーをもっと濃くするか、iTune Store と同じにするとか。

今後のアップデートに期待します。

保存保存