Macのメール.appの動作が異様に遅くなったので対処

こんにちは、K2です。

少し前から妻が使っているMacBook Pro(Retina13″ Late2013)の動作が遅くなり、
特にメール.appの動きが激遅だということで対処してみました。

まず、状況確認

激遅状況ですが、
メールボックスを選択→ボックス内のメールリストが表示まで数秒待たされる。
メールリストのメールを選択→プレビューが表示まで3〜7秒くらい待たされる。
イライラする。

アクティビティモニタを見てみると、メールの「%CPU」が100を超え、さらにプロセス名にて赤字で「応答なし」と出ることもある。

何とかしようとググってやってみたことは以下の通り。

Mac内を掃除+アクセス権修復

とりあえずキャッシュなどの余計なファイルが壊れている可能性が高いと思い、以下のアプリでクリーンアップ。

CleanMyMac 3

It's a ingeniously simple and powerful application for keeping your Mac clean, organized and free of files that slow it down.

今のmacOSではディスクユーティリティでアクセス権の修復ができなくなっているので、以下のアプリで修復してみた。

Onyx for macOS Sierra

You can use OnyX to perform system maintenance, clean up your computer, turn on hidden functions, and more.

念のため、再起動してみる。

   ↓

効果なし

壊れている(かもしれない)データベースファイルを削除

下記の公式サポート最後にあるファイルを削除してみます。
このファイルはメール送信者履歴などを保存しているデータベースファイルらしいのですが、これが壊れている可能性があるとのこと。

私がした手順

  1. メール.appを終了。念のためにTimeMachineでバックアップ。
  2. Finderで、Macintosh HD/ユーザ/<ユーザ名>/ライブラリ/Application Support/AddressBook/MailRecents-v4.abcdmrのファイルをデスクトップに移動。
    (ライブラリフォルダは隠しフォルダなので、optionキーを押しながらメニューバーの[移動]をクリックで表示される[ライブラリ]から進んでください)
  3. メール.appを起動。起動しないなど重大な問題が起きなければ、デスクトップに移動したMailRecents-v4.abcdmrはゴミ箱に削除。

残念ながら、効果なし

セーフモードで起動する

「セーフモード」とはMacを起動する方法のひとつで、このモードで起動すると起動ディスクを検証したり、様々なシステムキャッシュを削除したり、最小限のファイル読み込みだけで起動します。

セーフモードを使えば、Mac の起動が最後まで進まないという問題を解決したり、起動ディスクに関するその他の問題を切り分けたりすることができます。

セーフモードで起動する方法は、[shift]キーを押しながら起動するだけ。
通常起動より起動までに時間がかかります。

ところがセーフモードでもメール.appの動作改善は見られませんでした。
セーフモードでサクサク動いたら問題の切り分けができると思ったのですが・・・

あきらめて、システム終了して通常起動してみたら

なぜかサクサク動いた。

まとめ

セーフモードでも遅かった動きが、
セーフモード後の通常起動でサクサク動いた理由は結局わかりませんが、
メール.app以外のアプリまでも、なんとなく早くなった気がするので良しとします。

私のMacも最近Safariが遅くなってきたような気がするので、
セーフモードで起動してみよう。

保存保存