当て逃げされたレヴォーグ。車両保険を使わずに修理。

1ヶ月ほど前ですが、レヴォーグが当て逃げされました。
上の写真のとおり、左前のフェンダーをかなりひどく。

盛大に凹んでます。雨だれ跡が汚いのはご容赦を。撮影者(私)が映り込んでるのは御愛嬌。

後方から見るとよくわかる。
タイヤハウス上が目立ちますが、後方も若干凹んでおり、ドアの前端付近にも少しかすり傷があります。幸いにもフロントバンパーの被害は無く、タイヤおよびBBSホイールにも傷などを確認できません。

塗装跡がはっきりしないので、相手の外装色は白かベージュ系、
凹みの位置(高さ)からするとワンボックスやトラック系かなぁ?

当て逃げしたやつだれだ!! ちくしょう!!

妻が買い物に出かけ、買い物後に店の駐車場に戻ったときに気付いたらしいんですが、何軒か店をハシゴした後だったので、その店の駐車場で当て逃げされたのか、その前の店だったのかは定かではないとのこと。

理由は、それまでの店では店と車の位置や向きの関係で、たまたま車の左側が見えず気付かなかったかもしれないということ、そういう意味では自宅の駐車場も玄関と車の向きが同様の配置なので、前日の外出先で既に当て逃げされていて、当日の外出時にも気付かなかった可能性もある。

自宅の駐車場では、カーポートの柱位置からこのような凹み方するような当り方にはならないはずなので、自宅駐車中の可能性はない。

同乗者がいれば助手席に乗り降りの際にすぐに気付いたと思いますが、たまたまこの数日は私は同乗しておらず、いつどこで当て逃げされたか確定することが出来ませんでした。

一応、可能性が高い最後の店に何か気付かなかったか聞いてみましたが、防犯カメラもなく、常駐している車を誘導する係員?にも確認したがわからなかったとのことです。

自腹切って直すしかない

かすり傷程度ならそのままにしたかもしれませんが、これ程の凹みは直したい。
車両保険を使うならどうなるか、手続き方法を含め自動車保険会社に確認してみた。

  • 私の契約の場合(以下同じ)、免責金額は50,000円。
  • 車両保険を使うと翌年はノンフリート等級が3下がる。(20等級→17等級)
  • ノンフリート等級が3下がると保険料は現在より30,000円UPする。
  • その後何もなければ毎年ノンフリート等級は1ずつ上がる。そのたびに保険料は安くなる。(現在より18等級で27,000円UP、19等級で25,000円UP)
  • よって、保険料が元に戻る(ノンフリート等級が元に戻る)までの3年間で、元の保険料より多く支払わなければならない保険料は合計で82,000円

つまり、免責金額50,000円+保険料UP分82,000円=132,000円を修理費が超えたら車両保険で、超えなければ自前で支払った方が得だということ。

いやいや、そんなにしないでしょ!?

凹みを直すだけだよ?
(この考えが甘いことに後に気付く・・・)

しかし、ノンフリート等級20って割引率すごいんだね。
ずっと20だったから知らなかった。

修理の見積をしてもらった

ディーラーといくつかの修理工場で見積をしてもらった。

どうせ直すならと、以前にちょっと擦ったリアバンパーの傷も直してもらおうと、いっしょに見積してもらう。

リアバンパーの傷は2ヶ所

リアバンパー左側面の下
いつの傷が忘れちゃったけど、だいぶ前に多分縁石で。

リアバンパー左
確か今年、外出しようと切り返しのバック中に自宅のガラリ扉に。車の方は塗装が白だから割と傷が目立つけど、軽く当たっただけなのでガラリ扉の方はほぼ無傷。

まずはスバルのディーラーでお見積!

えっ、16万円!? フロントだけで!? リアは9万円!?

合計で、25万円!?・・・
予想の倍以上いってた・・・。

予想と大きく違った理由は、凹みは裏から叩いて直す、傷はパテ埋めする、など「修理」でなんとかなると思っていたのですが、ディーラーは基本的に「新品に交換」なのだそうです。
正確には、フェンダーは「ここまで大きな凹みは交換しかない」ということらしく、それはまあ理解できます。ただ、リアバンパーは「樹脂製なので交換」というのは???ですが・・・。

交換となると物の値段だけでなく脱着の工賃がかかります。
フェンダー外すにはバンパーやヘッドランプの脱着(STIエアロ付けてるんでさらに追加金額あり)、留め付けクリップやマッドガードの交換、塗装のためにドアミラーやドアハンドル脱着など思いもよらない小さな金額が積み重なってしまいます。

事故車などから中古が手配できればそれにしてもらったり、塗装のための脱着はせずにマスキングで済ますなど減額方法はあると思いますが、車両保険を使わなければならない程度の金額はかかりそうです。

リアバンパーは当て逃げと関係ないのでどちらにしろ車両保険は使えませんが、今まで修理しなかったくらいですから、このまま修理しないというのも手です。

考えの甘さを正した上で、近くの自動車修理工場2社にも見積をしてもらいました。

まず1社目

ディーラーよりは安かったんですが、修理内容がほぼディーラーと同じで前後とも交換+塗装のため、大幅に安くはなりませんでした。

2社目

フロントとリア合わせて、11万円!!

フロントはやはり交換ですが、リアはパテ埋め+塗装でなんとかなるとのこと。
リアは交換ではないので単純比較はできませんが、それでも安い。(リアはおまけか?)
自社で塗装ブースをもっているのが強みかも?

もうここに決めた!

金額的にも車両保険は使わずに済みます。

修理 そして生まれ変わる

見積は盆直前だったので、正式な修理依頼は盆明け。
部品到着を待って、修理期間は8月28日〜9月1日の5日間でした。

生まれ変わった(元通りの)姿です。

写真だとフェンダーだけ色が違うように見えなくもないですが、実際はほとんどわからず、経年による色合わせもうまくいっていると思います。

ドアまでいってた擦り傷もきれいに。

リアバンパーの左サイド下

リアバンパー左
パテ埋め+塗装ですが全然わかりません。
やっぱりバンパー交換なんてする必要なかった。

まとめ

本当は、ディーラーなら新車時に外装に施工されていたガラスコーティングの再施工もしてくれるので、1〜2万円程度高いだけならディーラーでお願いしようと思っていたのですが・・・

リアバンパーを除いても差額が5万超となるとちょっとね。
しかも、その金でリアバンパーも直るとなると、さすがにディーラー贔屓できない。

あぁ、7〜8万円くらいで直ると思っていたあの頃の私が恥ずかしい・・・
てか、なんで私が払わなければならないんだ!

当て逃げ犯人 出てこい!!!

あっ、リアバンパーは私のせいです・・・。