iOS6へアップデート


遅ればせながら、私のiPhone4SをiOS6へアップデートしました。

アップデートしてやっぱり気になるのは、巷ですこぶる評判の悪いiOSのマップです。
iOS5まではGoogleマップを使っていましたが、iOS6からはApple独自のマップです。
iOS5のマップとの比較はさまざまなサイトでされていますのが、
自分の周りやよく使う場所はどうか気になりますのでやっぱり比較してみます。

 
まずは名古屋駅周辺。予想通りスカスカです。
せめて駅ぐらいはホームや駅舎の形を書いてほしい。大きい広場があるのかと思う。

 
もう少し拡大してみました。
Googleマップの方は地下街と地上への階段の番号まで表示されて地下鉄での移動に便利でした。iOS6の方はこの段階でやっと建物の形が表示されます。

 
事務所周辺を表示してみました。
Googleプレイスに登録したのでGoogleマップの方には事務所名が表示されて嬉しい。iOS6の方は建物どころか前面道路すら表示されない。2軒隣の家は表示されているのだから当然道路はあったはずなのに。

iOS6マップ。ちょこっと触っただけですが私の感想は、
まず、スカスカと評される地図の表示ですがその通りです。なんといいましょうか地図としてほしい情報が載ってないくせに、ビルの中のレストランとかどうでもいい情報を表示してます。
どうでもいいというと怒られますが、レストランを探したければ検索しますのでその時のみ表示してくれればOKです。街を歩いていて目視できない店を表示されるよりは交差点やビルの名前を表示してほしいです。
あと前出しましたが、ランドマークとなる建物ぐらいは縮尺小さくても表示してほしいです。

スカスカという言葉はともかく、スッキリしている地図は嫌いではありません。むしろこのスッキリ感はルート案内の時はわかりやすいに繋がるかもしれません。ただ地図として見せなくてよいものと必要なものを理解してほしいです。
でもアメリカの地図はGoogleマップでもこんな感じですよね。文化の違いでしょうか?

いちばんマズいのがデータが古い&間違いだらけ。
これに関しては私が発見・体感したものではなく、あくまでネット情報なので申し訳ない限りだが地図としては致命的だと思います。とにかく早急に直していただきたい。

そんなiOS6マップだが優れているのは表示の速さです。
GoogleマップはラスターデータですがiOS6マップはベクトルデータです。そのためデータ自体が軽い上、拡大縮小による再読込みが発生しません。

もうサックサクです。
そこっ! スカスカの地図だからだとか言わない!!