iMacの画面にシミ?→AppleCare Serviceで修理

おひさしブログ!
生きてます。ブログの更新が滞っているときは概ね仕事が忙しいときです。生温かく見守って下さい。
しかし、忙しいときはネタがたくさんあるのですが書くヒマが無く、ヒマなときはネタが無いので書けないというスパイラル。

さて、いつ頃からかiMacの画面にシミのようなものが出てきました。
最初は画面の恥のほうに・・・端のほうにうっすら出てただけで、あまり気にならなかった。
暗い壁紙や真っ白いウインドウだとほとんど見えず、グレーのサイドバーなどを表示すると見えるんです。
最近はそれがひどくなってきました。起動直後の温度が低いうちは目立ちませんが、しばらくするとすごいことに。


画面全体がグレーでシミがわかりやすいログイン画面を撮影しました。


画面の下部。なんか、ドックのアイコンの残像のように見えます。


画面の右側。液晶の裏側にある何か、またはウインドウの枠の残像のようなものが見えます。
写真ではあまりわからなかったのですが、画面左側も大きくシミのようなものがあります。

私が検証した結果

  • 起動後、本体温度が上がるにつれてシミがはっきり見えてくる。
  • 画面に(長い間)表示したものが残像のようにシミに現れる。例えばエクセルの罫線や文字など黒く表示されている部分はシミの色が薄くなる。(表示色によって温度が違うのか?)
  • 起動時、アップルマークが表示される前から(うっすらだが)シミが見えるので、OSやソフトウェアの問題では無く、ハードウェアのトラブルと思われる。

ハードの問題じゃ私ではどうすることもできないので、Appleサポートへ電話。
これこれしかじか説明すると、やはりハードの問題とのこと。保証期間が切れているので¥49,350かかるとのこと。(修理内容、交換部品に関わらず一律金額みたい。)
あと5万だせば新品買えるじゃねぇか。
と思ったけどメモリ増設したばっかだし今ので不満はないので修理することにしました。

TimeMachineでバックアップ、重要書類や仕事で使うデータはWindowsへコピーしてバックアップして準備万端。
配送はクロネコヤマトが専用ボックスを持って引き取りに来てくれます。


さびしい・・・


約1週間後、復活。


アップルロゴマーク入りのクリアファイルに、修理内容を記載した書類が入っていました。
結局、液晶パネルを交換したようです。
ハードディスク内もそのままで、フォーマット等されていませんでした。


後日、請求書(控)が送付されてきました。
やっぱり、¥49,350です。

金額はともかく、総じてAppleのサポートは丁寧でよかったです。

コメント

  1. 通りすがり より:

    つか、これ不良品やんww
    さすが中国産