ロードスターのクラッチディスクを交換

ロードスターのクラッチの調子が悪い の続きです。

ゴールデンウィークの話ですが、ロードスターのクラッチディスクを交換しました。
ディーラーに4月30日の朝にあずけ、5月2日の夕方引き取りに行くことになりました。
しばしの入院です。


代車のデミオです。
しかし、デミオに限らず最近の車はペダル軽すぎて、ブレーキ効きすぎて怖いです。
借りてディーラーから出るときに、ブレーキペダル踏みすぎて つんのめった。

結局、借りたデミオはほとんど乗らずに退院の日になり、引き取りに行きました。
前回の見積では74,761円でしたが、エンジンオイル分をまけてもらい、
逆にダメになってたボルトの交換なんかで、結局69,500円になりました。
ディーラーの純正オイルって高いですね。リッター1,600円もしてました。

さて、退院後のロードスターですが、入院前にくらべると
若干クラッチペダルが軽くなり、クラッチミートのタイミングが変わりました。
引き取ってディーラーから出るときに、半クラの位置まちがえて エンストしかけた。

これも家に着く頃には慣れて、明日から快適なカーライフが始まると思っていました。
ところが・・・

車を引き取ったその夜、ディーラーから電話。
「すみません。作業員がトランクの中に忘れ物をしてしまいました。」
その後、作業員が自宅に忘れ物(財布)を取りに来ました。

次の日の朝、またディーラーから電話。
「すみません。作業員が車体下のカバーを取付けるのを忘れてしまいました。(てへぺろ!)

おいおい、ここ大丈夫かよ・・・
どこかボルト締め忘れたとかないだろうなぁ。
早速、行って取付けてもらいました。
いきなり、出鼻をくじかれました。

その後、少し長距離乗る機会があったけど、車はすごくいい感じです。
路面が少し悪いと発進時に後輪がスリップするところや、
シフトアップしてクラッチミートしたときにドライブシャフトが「キン!」て鳴るところや、
そういや前はそうだったなって思い出しました。(私が下手クソだから起きる現象ですけど・・・)

クラッチが滑ってたから当然なんだけど、今は加速もすごく良くなった。(てか元に戻った)
イメージは↓こんな感じです。


「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地・・・」