Adobe Creative Suite 6 を購入しようかどうか悩む

Adobe Creative Suite 6 が発表されましたね。

私のは1年半くらい前に購入したCS5 Design Premiumなので、このニュース聞いたときは、
「まぁ、あと2年くらいアップグレードしなくていいかな」って思ったんですが、
今回のPhotoshopの新機能「コンテンツに応じた移動」はすごいらしい。
あと、Illustratorの「線にグラデーションを適用」とか、Dreamweaverの「可変グリッドレイアウト」とか、
64bitにネイティブサポートとか、いいなって思いました。

さらに今回は「Creative Cloud」というサービスが開始されます。
通常、アプリケーションはパッケージやダウンロード版を購入することが多いですが、
これは、アプリケーションのライセンスを月額で購入するというイメージです。

例えば、CS6 Design & Web Premiumのパッケージ製品版(Mac)を、アドビストアで購入すると¥249,900です。
これを(正確にはこの上位グレードを)Creative Cloudでは、月額¥5,000=年間¥60,000で使用できます。
(Creative Cloudは年間プランの場合。金額は記事作成時。以下同じ)

私の場合は旧バージョンのユーザーなので上記とすこし違います。
ちょっと試算してみました。条件は以下の通り。

 ・現在、CS5 Design Premium(Mac版)を所有
 ・パッケージ製品版を購入の場合、同等品(Design & Web Premium)のアップグレード版とする。
 ・今回のアップグレード(CS5→CS6)の製品版価格は¥98,700。(アドビストア)
 ・今後CSのバージョンは1年ごとに0.5上がるものとする。(CS5→CS5.5→CS6がそうだったから)
 ・Creative Cloudの初年度月額¥3,000のキャンペーンを適用。
 ・直前バージョンからのアップグレード版価格¥49,350、Creative Cloud月額¥5,000は、
  今後も変わらないと仮定する。

今後必要な金額とその累計を表にしました。( )内が累計です。

今回 1年後 2年後 3年後
CS6 CS6.5 CS7 CS7.5
製品版アップグレード 98,700(98,700) 49,350(148,050) 49,350(197,400) 49,350(246,750)
Creative Cloud 36,000(36,000) 60,000(96,000) 60,000(156,000) 60,000(216,000)

私の場合は、Creative Cloudの方がお得なようです。
初年度のアップグレードがCS5→CS6のバージョン2つ分で割高なのと、
Creative Cloudの初年度キャンペーンとの差額が効いています。

Creative Cloudの主な特徴として、
 ・常に最新版のアプリが使える。
 ・CS6 Master Collection同等のアプリが使える。(Design & Web Premiumは9種、Creative Cloudは18種)
 ・Adobe Muse など、今後追加されるアプリが使える。
 ・2台のパソコンにインストールできる。(Mac・Windows混在可、同時使用不可)
 ・ファイルの保存・共有・配信が出来るオンラインサービスが利用できる。

私がいいなと思うのは、パソコン2台(特にMacとWindowsの両方)にインストールできることです。
パッケージ版はどちらかのOS版のみしか収録されていないので、
Windowsにも入れたければもうひとつ購入が必要です。
高いソフトなのでそんなこと出来るわけもなく、Windowsの方はもうずいぶんアップグレードしてません。
Photoshopはバージョン7、Illustratorはバージョン10で止まっています。
しかも、OSをWindows7にしてしまったので、Photoshop7は インストールすらできません。

逆にCreative Cloudは、解約するとそのアプリは使用することが出来なくなり、結果CS5に逆戻りせざるを得ません。
また、2年目以降はアップグレード版より年間当り¥10,650高いので、累計でいずれ逆転します。
もっとも、Design & Web Premiumと全部入りとでは、単純な金額比較は酷ですけど。

様々なメリット・デメリットを考慮すると、現時点での(CS6への)アップグレード版購入は無いかな。
となると、Creative Cloudをキャンペーン期間中に契約するか、しばらくアップグレードしないかの
どちらかになります。
1年や2年程度アップグレードを先送りしても、その分次回のアップグレード代金が高くなってしまうようなので、
それなら毎年アップグレードした方が最新版を使えるだけマシです。
3年以上後とか、通常版代金がアップグレード累計を下回るくらいまで待たないと金額的なメリットはありません。

キャンペーン終了まで、まだ4ヶ月くらいあるのでじっくり考えようと思います。

こうやって考えるとCreative Cloudは安いって思うけど、それは元の高い値段との比較であって、
「パソコンソフトに月額¥5,000」って 単純に考えると高いですよね。

コメント

  1. ぱふぅ家のサイバー小物 より:

    【定番ソフトがバージョンアップ】「Creative Suite 6」日本語版

    月額5000円で全部入り「Creative Cloud」も発売

  2. pokotaro より:

    現在Creative Cloudに移行するか迷ってます。

    CS4ユーザーなんですが、CS6へのアップグレードは高いし、
    今後CS7なども出てくるだろうし・・・

    Creative Cloudへ移行された決定打は何でしょうか?
    (コスト的に言えばやや割高なようですが)

    • K2 より:

      私の場合の決定打は、やはりMacとWindowsの両方にインストールできることです。
      運用を工夫すればどちらかに入っていれば足りるんですが、それぞれですぐに使えるとやはり便利です。
      それと全部入り(Master Collection)が常に最新版で使えることでしょうか。CS7が出ればCS7が使えます。
      コスト的にいえば確かに3年や4年毎にパッケージ版を購入した方が安くなるかもしれませんが、
      その数年間旧バージョンを使うよりも、数万円(あくまで予想)高くなっても最新の機能を使えた方がよいかなと思いました。