Windowsパソコンをリプレイス その3(比較編)

前回の続きです。
今回はベンチマークソフトによる新旧パソコンの比較です。
ちなみに新旧パソコンの主なスペックを比較をしますと、

旧パソコン 新パソコン
OS Windows XP Professional 32bit SP3 Windows 7 Professional 64bit SP1
CPU Core 2 Duo E8400 Core i7-2600
メモリ 3GB(1.5GB×2) 8GB(4GB×2)
HDD 500GB SATA2 1TB SATA3
GPU GeForce 8500GT 256MB GeForce GTX550Ti 1GB

両者を比較するのですから、ベンチマークソフトはXPと7の両方に対応していなくてはいけません。
今となってはXPに対応しているベンチマークソフトって案外少ないのですね。

まずは、3DMARK06 Standard Editionです。パソコンでゲームをしない私にとってはあまり意味のないテストですけど、一応有名どころなので。

左が旧パソコン(WinXP)、右が新パソコン(Win7)です。
圧倒的な差が・・・桁が違うよ。

次に、CINEBENCH11.5です。

同じく左がWinXP、右がWin7です。CINEBENCHは32bitと64bitのバージョンがありますが、ここでは比較のためにWin7でも32bitバージョンでテストしました。

最後に、CrystalMark 2004R3です。

同じく左がWinXP、右がWin7です。

結果としていずれもスコアに大きな開きがありました。
まぁ3年以上前のものと最新のものを比較すれば、当然こうなるわけです。
しかし、ここまでやっといて何ですが、この数値の開きがいったいどれほどのものなのか
さっぱりわかりません。

そこで実際の作業でどれほどの違いがあるか確かめてみます。
3Dマイホームデザイナーで内観パースのレンダリングをして、その時間を測ってみました。
データは、実際に作成した「R-SALON」で、内観は照明器具が多くテストに最適と考えました。

結果は、WinXPが 50分33秒。Win7が 29分46秒!
おぉ、かなり速い。半分とはいきませんがそれ近くまで短縮してくれました。これは効果絶大です。
やっと実感がわきました。