iPhoneが位置情報を記録している件についての続報

前回の記事、「噂のiPhoneTrackerを試してみた。」の続報です。

iPhoneなどで位置情報データが蓄積される件が、ちまたで問題になってますが
この件についてAppleがQ&Aを公開しました。

位置情報データに関するAppleのQ&A

よーするに
『我々はユーザーの位置情報を記録しているのではなく、
iPhoneの現在位置の周りにある携帯基地局を記録しているのだ!』
ということらしい。

・・・同じじゃん

とはいえ、10ヶ月以上の期間のデータを記録しているのはプログラムのバグらしく、
近日中にソフトウェア・アップデートを行うと記載されています。

で、先日 iOS4.3.3 ソフトウェア・アップデートが早速公開されました。

位置情報データベースキャッシュへの変更がメインです。
・キャッシュサイズを縮小(ほぼ無期限だったものを7日間分になったようです)
・iTunesへキャッシュバックアップを停止(パソコン側へ保存されなくなります)
・位置情報サービスが無効になっている場合、キャッシュを完全に削除

アップデート後に、iPhoneTrackerを起動してみた。

当然ですが、キャッシュのバックアップが無くなったのでエラー返されました。
個人的にはちょっと残念です。
iPhoneTrackerアンインストールしなきゃ。

保存保存

シェアする

フォローする